現場の詳しい実情とは

ヘルパーの主な仕事内容とは

高齢者の割合が増え、介護の仕事に興味をもつ人が増えていると言われています。将来高齢者の割合がさらに増加すると言われているため、介護関係で働く労働者の確保が重要となってくるでしょう。

介護と聞くと、老人ホームのように、特定の場所でお世話をする仕事をイメージする人が多いかもしれません。介護の仕事には、利用者の自宅に訪問して生活のお手伝いをする、訪問介護の仕事もあります。訪問介護では、利用者にあったお手伝いをするため、個人によって仕事内容が少し変わってきます。実際に行かないとどのような仕事なのか分からない場合も多いものです。

利用者の自宅に訪問してお手伝いをするヘルパーの仕事内容は、主に身体介護と生活援助、相談、助言です。身体介護では、利用者のトイレや食事、入浴等を手伝ったりします。介護の仕事と聞いて、多くの人がイメージする内容に一番近いかもしれません。次に、生活援助ですが、調理や必要なものの購入、掃除等があります。こちらは、日常生活のちょっとしたお手伝いと言った方がイメージしやすいでしょう。相談や助言では、利用者からいろいろな話を聞いて、助言やフォローをしたりします。お年寄りたちの何気ない会話の相手になることも、大切な仕事内容の一つです。

ヘルパーの仕事と聞くと、何となく難しいと感じる人も多いかもしれません。単純に利用者の生活のお手伝いをする仕事と考えればわかりやすいでしょう。高齢者の割合はさらに増加すると言われているため、今以上に介護の世界で働く人が求められています。一人一人に寄り添った心温まるケアを実践したいなら、ぜひヘルパーの仕事に挑戦してみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です