現場の詳しい実情とは

ハードな介護職の現状と改善策

介護職は一般的にハードな仕事であると言われています。人の命を預かる仕事であるため、少しの油断やミスが重大なミスに発展してしまいます。そうした背景から、常に気を張っていなければなりません。また、介護業界が人手不足であるため、介護職で働くスタッフ1人にかかる負担が大きくなってしまう傾向があります。そのため、休みが少なかったり、残業が多かったりと、体力的にも多大な負担がかかってしまうことも珍しくありません。

また、職場によっては夜勤と日勤の混合シフトをこなさなくてはならない場合もあります。結果的に生活リズムが崩れてしまい、体調に支障をきたしてしまう人も多いものです。残業が多いと、定時に帰ることが困難になってしまうため、仕事中心の生活になってしまうでしょう。家事や育児など、プライベートと両立しながら働きたいと考える人にとっては、続けることが難しくなります。

ただでさえ、人手が足りない業界であるのに、働きにくい環境であれば、尚更、人手不足を招いてしまうのは不思議なことではありません。では、現状で改善できる方法はないのでしょうか。その方法として考えられるのが、勤務形態を自分に合わせるという選択肢。正社員であると、どうしても負担が大きくなってしまうので、パートや派遣で働くという方法をとるのがベストでしょう。シフトに自由がききやすいので、自分の都合に合わせて働くことができます。それゆえ、家事や育児などと両立しながら働くことができるし、働く側にも精神的余裕が増えて、より質の高い仕事を行うことができるようになるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です